婚活サイトのランキングはこちら

欲しいものが手に入ると嬉しいものですよね。もしも、それが大好きな彼からのプレゼントだとしたら、喜びも一層大きくなります。彼にプレゼントをねだる時には、伝え方によってはあなたに対する彼の評価が一気にマイナスになる危険もあります。この記事では、NGなプレゼントのねだり方についてお話します。


◆「みんな持ってるから、私も欲しい」は幼稚なイメージを引き起こす

寝転がる女性

 何かを欲しくなるきっかけは色々とありますが、持っている人を見かけることが多いアイテムを見ていると、自分もそのアイテムが欲しくなることもありますよね。多くの人が持っているのに、自分がそのアイテムを持っていないと、自分だけ流行に乗り遅れているような気分になったり、そのアイテムに対して「みんな持っているってことは、いいものに違いない!」と感じたりするものです。

 プレゼントをねだる時には、なぜ自分がそのアイテムを欲しいと思っているのか理由を伝えて、プレゼントを買ってもらおうとすることも多いでしょう。しかし、そのアイテムを欲しいと感じる理由として「みんな持ってるから、私も欲しい」と伝えるのはNGな伝え方です。

 大好きな恋人のワガママなら、叶えられる限りは叶えてあげたいと感じる男性も多いですが、「みんな持ってるから、私も欲しい」とプレゼントをねだられると、プレゼントをしてあげたいという気持ちが湧きにくいどころか、あなたに対して幼稚なイメージを持ってしまう危険があります。

 小さな子どもは、自分が欲しいものに対してどんな魅力を感じているかということよりも、自分だけ持っていないという仲間外れのような感覚が嫌で物を欲しがることがあります。これは、小さな子どもなら仕方がないことです。けれども、自我が発達し、自分で物事を判断したり、自分の意見を持てるような大人が「みんな持ってるから、私も欲しい」という理由で物を欲しがるというのは、自分の意思を持っておらず、周囲と同じであることに価値を見出しているようなものです。そのため、彼から幼稚に思われて、その結果としてマイナスな印象を持たれる危険があるのです。


◆「前に、私から●●あげたじゃん」対価を求める言い方は今後の関係に影響する

わめく女性と困っている男性

 プレゼントを贈るということは、贈る相手のために自分のお金を使うということです。しかし、一方的にプレゼントをもらうと申し訳なく感じてしまうこともあるでしょう。

 プレゼントの本質は、「相手に贈りたい」という気持ちです。例えば、何かのお礼としてプレゼントを贈るのも「お礼の気持ちを伝えたい」という気持ちからプレゼントを贈りますし、素敵なアイテムを見付けた時に「●●くんに似合いそうだから贈りたいな」と思ってプレゼントをするのも、一方的に贈りたいと思う気持ちによるものです。このように、プレゼントの本質は「相手に贈りたい」という気持ちなのですが、人は時として自分が贈ったプレゼントに対する見返りを求めてしまいます。

 彼にプレゼントをねだる時、なかなか彼からOKの返事を引き出せないと「前に、私から●●あげたじゃん」と、自分が過去に彼に贈ったプレゼントを引き合いに出していませんか?また、プレゼントをねだる段階で、自分が過去に贈ったプレゼントを引き合いに出しながらねだっていませんか?

 このような言い方は、プレゼントをねだる時のNGな言い方です。なぜならば、過去に自分が贈ったプレゼントを引き合いに出して、彼からのプレゼントを要求するということは、見返りを求めているということになります。過去にあなたからプレゼントをもらった時に彼が嬉しいと感じていても、後日、見返りを要求されると、あなたからもらったプレゼントに感じた喜びや幸せが減ってしまいます。

 また、一度、見返りを要求すると、一緒に過ごしていく上で色んなシーンで見返りを要求されるかもしれないと彼から用心されてしまう危険もあります。


◆「欲しいってアピールしてたのに気付いてくれなかったよね」彼を否定する言葉はNG

ハートに指を添える女性

 サプライズプレゼントは、予想もしていない時に貰える驚きと喜びが詰まったプレゼントです。そして、もしもそのプレゼントが欲しいと思っていたアイテムだったら、相手が自分をよく見ていてくれたことも感じられますから、嬉しさも倍増しますよね。

 しかし、現実ではサプライズプレゼントをもらえることも少ないものです。日本人の男性は愛情表現が苦手な方が多く、付き合ってからのロマンチックなサプライズを実践される方は珍しい傾向にあります。それでも、彼からプレゼントを贈られたいと感じてしまうのは、女性ならば仕方のないことです。

 プレゼントが欲しいと思っていても、彼からもらえない時は自分から欲しいとアピールをして伝えなければいけません。彼にプレゼントをねだって、OKをもらうと嬉しい気持ちになりますが、余計な一言を付け加えてしまうと、彼は一気にげんなりとしてしまいます。

 その余計な一言とは、「欲しいってアピールしてたのに気付いてくれなかったよね」という言葉です。ようやくほしいアイテムを彼からプレゼントしてもらえることになった喜びで気持ちが浮かれ、つい口から出てしまうこともある言葉ですが、こんなことを言われると彼は傷付いてしまいます。

 どれだけ恋人のことを愛していても、全てを理解することはできませんし、細かなアピールに気付けないことだってあります。「欲しいってアピールしてたのに気付いてくれなかったよね」と言われると、彼はあなたから「ちゃんと私を見ていないよね」と否定された気分になってしまうのです。

 この言葉は、プレゼントを贈る彼のテンションを下げるだけでなく、彼の心も傷つけますから、冗談でも言わないようにしましょう。


◆「ダメなら自分で買うからいいけど……」遠慮の言葉は美徳になるとは限らない

バツ印を持つ女性

 彼からプレゼントを贈られたいと思っていても、なかなかねだることができない方もいらっしゃるでしょう。プレゼントは、金銭的にも、選んだり買ったりするための時間的にも相手に負担をかけるものです。ですから、自分の気持ちよりも相手のことを大切に考える優しい人ほど、自分からプレゼントを彼にねだりにくいでしょう。

しかし、彼がプレゼントを贈るタイプの人ではない場合、ねだらなければプレゼントをもらえる可能性は低いままです。そして、ねだれなければプレゼントはもらえないままになってしまいますから、心の中にもやもやとした気持ちが広がってしまいます。

 自分からプレゼントをねだることは、悪いことではありません。大好きな彼からプレゼントを贈られてみたいという気持ちと一緒に伝えれば、きっと彼にも届くはずです。けれども、自分からプレゼントをねだることに抵抗があると、ある言葉を言いやすくなります。

 それは、「ダメなら自分で買うからいいけど……」という言葉です。この言葉を言う時、その背後には遠慮や彼にプレッシャーを与えないようにという気遣いがあることが大半でしょう。しかし、相手のことを思って言ったはずの言葉でも、実は相手に不快感を与えることもあります。

 プレゼントをねだった後に「ダメなら自分で買うからいいけど……」と付け加えると、もらえない場合にはそのアイテムを自分で買うという行動を相手に伝えることによって、プレゼントを欲しいと思っている気持ちがそれほど強いものではないように受け取られます。そして、この言葉は卑屈にも受け取られやすいため、彼も「じゃあ、自分で買えば?」と言いたくなってしまうのです。


◆自分の欲しいものに彼に気付いてもらうための無言のアピールも度が過ぎるとNG

考え込む女性

 彼からプレゼントを贈ってもらいたくても、自分からねだることに抵抗があったり、あくまでも彼から能動的にプレゼントを贈ってもらいたいと思っていたりすると、自分からねだることができませんよね。彼からのプレゼントを求めているという気持ちを言葉で伝えないとなると、あとは彼から気付いてもらうという方法を使うしかありません。

 皆さんの中にも、自分が欲しいものを彼にさりげなくアピールした経験がある方もいらっしゃるのではないでしょうか。例えば、おうちデートをする時に自分が欲しいものが掲載されている雑誌を広げて置いておくことも、無言のアピールの一つです。

 「これ欲しい!」と言葉でねだらずに、言葉を使わずに「欲しい」という気持ちをアピールする方が慎ましやかに感じられるものです。しかし、無言のアピールも度が過ぎるとNG行為となります。

 あなたが無言のアピールをしていても、なかなか彼からプレゼントをもらえないと、「まだ気付いていないのかな?」と更にアピールをしやすくなります。しかし、彼はなかなかプレゼントを贈らなくても、あなたのアピールに気付いていることだってあるのです。

 もしも彼がアピールに気付いており、「●●が欲しいんだな。じゃあ、誕生日に贈ろう」と考えていたとして、気付いているのに更にアピールをされたらどう感じるでしょうか。だんだん急かされているような気分になり、無言のアピールも彼のプレッシャーとなってしまうのです。

 言葉を使わずにアピールをする時も、度が過ぎると彼にプレッシャーを与えることがありますから、程度に注意しながらアピールをするべきでしょう。


◆結婚するにも、結婚後もお金がかかる!高価なプレゼントをねだるのはNG

財布と電卓

 皆さんは、彼からどんなプレゼントを贈られたいですか?人によって価値観やその時々の欲しいものは異なるでしょう。「彼からのプレゼントなら何でも嬉しい!」と思っている方もいれば、「●●を彼からプレゼントしてもらいたい!」と具体的に欲しいものが定まっている方もいらっしゃるでしょう。

 プレゼントをねだられた時、漠然とねだられるよりは、「●●が欲しい」と欲しいものを言われた方が相手としては選ぶ時に悩まなくて済みます。特に、女性慣れしていない男性は女性の好きなものや流行に詳しくないので、欲しいものを伝えてもらった方がありがたいと感じているようです。

 そのため、彼にプレゼントをねだる時には、ある程度、何が欲しいのかを伝えた方がいいと言えます。しかし、プレゼントの内容によっては彼を困らせることがあることを忘れてはいけません。

 彼にプレゼントをねだる時、避けた方がいいものとしてはハイブランドのバッグなど高価なものが挙げられます。プレゼントに高価なバッグをもらえば、あなたは出費をせずに高価なものを手に入れられることになりますが、彼はあなたにプレゼントを贈るために大きな出費をしなければいけません。

 結婚をするとなると、結婚式の費用や一緒に暮らすための家への引っ越しにかかる費用などお金がかかります。また、結婚をした後も、二人で暮らしていくためには何かとお金がかかります。結婚を意識して交際をしていると、結婚に向けて貯蓄や節約を始める男性も多いので、高価なプレゼントをねだると彼に大きな負担を強いることになってしまうのです。また、彼から「自分とは結婚に対する意識が違うのかな……?」と思われてしまう危険もあります。


◆結婚を急かしたくてもNG!自分から指輪をねだるのは避けよう

悩む女性

 女性が恋人から贈られたいと感じるプレゼントとして人気が高いものと言えば、指輪です。高校生くらいのカップルであっても、社会人のカップルであっても、指輪は特別な意味のあるアイテムとして人気が高いです。特に、ペアリングは人気が高いです。

 結婚を強く意識していないカップルでも指輪に特別な意味を感じて、恋人から贈られたいと思うことが多いですが、結婚を意識しているカップルなら更に指輪に対する意味を深く感じます。結婚をする時には、お互いに結婚指輪をはめ合い、永遠の愛を誓います。ですから、結婚を意識していると、指輪は結婚を強く連想させるアイテムとなり、結婚を意識している恋人から指輪を贈られたいと思うことも多いでしょう。

 また、結婚の話が具体的に進んでいなかったり、彼の結婚に対する思いを聞けていなかったりすると、指輪をねだることで彼に結婚を意識してもらいたいと考える方もいらっしゃるのではないでしょうか。確かに、指輪をねだられれば、贈る側の男性としても結婚を連想する可能性が大きいですから、指輪をねだることで結婚の話が進むこともあるでしょう。

 しかし、結婚は二人の問題であり、一方の思いだけで決められるものではありません。金銭的な問題や仕事などの問題もあり、人によって結婚をするタイミングというものがあります。彼が結婚について考えていても、タイミングが合わないために結婚の話題を出していないだけというケースもあります。そんな時に指輪をねだられると、結婚を急かされているように感じられるので、男性にとって大きなプレッシャーとなってしまいます。

 ですから、彼に結婚を急かしたり、指輪をねだるのは避けた方がいいと言えます。


◆彼にプレゼントをねだるなら、高すぎず、形として残るものをねだってみよう

キスをするカップル

 彼にプレゼントをねだる時には、避けた方がいいアイテムやねだる時に言ってはいけない言葉もありますから、彼のことを考えれば考えるほどプレゼントをねだりにくくなってしまうかもしれません。しかし、プレゼントをねだること自体は悪いことではありません。それでは、彼にプレゼントをねだるなら、どのようなものなら彼の負担にならないのでしょうか。

 まず、今後の結婚のための貯蓄などもありますから、金額的には高すぎないものがベストでしょう。次に、食品や化粧品のように、使ったらなくなるものではなく、形として残るものがいいでしょう。形として残るものならば、あなたがプレゼントに贈られたものを使っている姿を見て、彼も幸せを感じられるからです。

 そして、あなたが使うことや持ち歩くことが多いものをプレゼントとしてねだることをおすすめします。使うことや持ち歩くことが多ければ、あなた自身も彼からの愛情を頻繁に感じられますし、彼もあなたがプレゼントを頻繁に使ってくれると嬉しく感じられます。

 例えば、読書が趣味ならば、本を持ち歩くことも多いものです。そんな時に必需品となるのが、ブックカバーやブックマーカーです。革製のブックカバーなどは長期間にわたって使えるものですし、使えば使った分だけ味が出ます。もしも、読書が趣味ならば、おしゃれなブックカバーやブックマーカーを彼にねだってみてはいかがでしょうか。

 このように、彼にプレゼントをねだる時には高すぎず、形として残るものが最適と言えます。また、彼からプレゼントをもらったら、どこかで彼にお礼の気持ちを伝えるためのお返しをすることも忘れないようにしましょうね。






同じカテゴリーの最新の記事





世界最大手で海外の外国人利用者も多いマッチングアプリ!
6ヶ月コースを購入した方対象で、まじめな活動をしていたのにお相手が見つからなかった場合はプラス6ヶ月無料で活動できる保証(恋が始まる保証)が付いてきます!

会員数 日本187万人
入会金・月会費 無料
有料会員 1ヶ月:3,980円
支払い クレジットカード決済
Facebook登録 なし
女性完全無料
※料金は税込です。

無料でスタートできる婚活!


Facebook omiai

Omiaiは1日平均5000組以上の男女がマッチングしている日本最大級のマッチングサービス!
Facebookアカウントが必要ですが友人にもばれず、24時間365日監視体制を整えているので安心して利用することができます。

 
会員数 210万人
入会金・月会費 無料
有料会員 1ヶ月:3,980円~ ※支払い方法によって金額が異なる
支払い クレジットカード決済/電子マネー決済/コンビニ決済/AppleID決済/GooglePlay決済
Facebook登録 必須
女性完全無料
  ※料金は税込です。          

無料でスタートできる恋活!


      

リクルートの婚活サイト。何といってもゼクシィの知名度が強み!
お互い会ってみたいと感じたらデートの日時や場所を調整してくれる「お見合いコンシェルジュ」という安心のサービスもあります! ほかの婚活サイトは敬遠してもゼクシィだから登録してみたという会員も多いです。

        
会員数 非公開
入会金・月会費 無料
有料会員 1ヶ月:4,298円
支払い クレジットカード決済
Facebook登録 なし
女性完全無料
※料金は税込です。

無料でスタートできる婚活!

ゼクシィ縁結び公式サイト


        

ユーブライドは、年間2,464人が成婚!
30代を中心とした様々な職種の会員が登録中の大手婚活サイトです。リーズナブルな料金体系で利用者の満足度も高くなっています。

会員数 135万人
入会金・月会費 無料
有料会員 3ヶ月:2,970円
支払い クレジットカード/コンビニダイレクト/銀行振込/ビットキャッシュ/ペイジー/c-check/webmoney/モバイルエディ/ペイパル/セキュリティマネー
Facebook登録 あり
女性完全無料
※料金は税込です。

無料でスタートできる婚活!


エンジェルは検索タイプの婚活サイトと結婚相談所の中間になるサービス。自己PRやメール文の添削、交際アドバイスから結婚後3年間のバックアップなど会員へのフォローがしっかりしている。結婚相談所よりはかなりリーズナブル。単なる出会いではなくて結婚を希望する方、婚活方法を相談したい方にオススメ。

会員数 非公開
男女比 男45.8%:女54.2%
入会金(登録料) 15,000円
月会費 2,980円
成婚料 0円
※料金は税別です。

エンジェル独自の性格分析(AIPC分析)、マッチング技術は非常に評価が高く、2,000社中、第1位を獲得しています。「どんな人は不安・・・」、「価値観が合わないかも・・・」という心配はありません。付き合うまでだけでなく、付き合った後もサポート。エンジェル会員の結婚までの交際期間の平均が5.3ヶ月。一般平均が45ヶ月なので、スムーズなお付き合いからゴールインされる方が多いことがわかります。

日経・朝日でも紹介。20万人が受けた性格分析を無料体験


会員数 32,293名
男女比 50.1%:49.9% (2017年2月20日現在)

■コースと料金

入会金(登録料) 運営管理費 月会費 お見合い料 成婚料
パーソナルサポートプラン アクティブ 30,000円 25,000円 9,500円~ 50,000円(情報選択料) 0円
パーソナルサポートプラン 30,000円 65,000円 9,500円~ 50,000円(情報選択料) 0円
※料金は税別です。