婚活サイトのランキングはこちら

結婚を考えられる出会いを探す場には、街コン、婚活パーティー、婚活イベントなどが挙げられます。こうした中には、アルコール類の提供がある場合もあります。お酒を飲みながらの交流にはメリットもありますが、注意すべき点もあります。この記事では、アルコールを飲む婚活の場で気を付けたいポイントをご紹介します。


◆アルコールは勇気を出す後押しにも、会話のきっかけにもなる

テーブルに置かれたグラス

 結婚に結び付くような出会いを探す場では、お酒が提供されるケースも多いです。街コンや夜間に開催される婚活イベントではドリンクとしてアルコールが提供されていることが多いですし、婚活パーティーでも提供されているドリンクの中にアルコールが含まれている場合もあります。

 出会いを求めて婚活イベントなどに参加をしても、気になる人に話しかける勇気がわかずにあと一歩が踏み出せなかったり、会話の最中にも緊張して上手く話せなくなってしまったりすることもありますよね。そんな時、アルコールは勇気を出す後押しをしてくれたり、緊張しすぎないようにリラックスさせてくれる効果もあります。また、お酒を飲んでいる時ならば、お酒を会話のきっかけにすることだってできます。ですから、婚活イベントなどに参加した時にアルコールと上手に付き合えば、アルコールはあなたの味方になってくれるのです。

 しかし、アルコールが提供される場では注意しなければいけないポイントもあります。飲み過ぎて体調を崩すのはよくないことですし、アルコールが提供されている場だからこそ好感度が左右されるような質問をされることもありますから、リラックスして楽しみつつもポイントは押さえておきたいものです。

 それでは、アルコールを飲む婚活の場で気を付けたいポイントには、どのようなことが挙げられるのでしょうか。


1.ビールもOK!「ビールは可愛げがない」は女子の思い込み

悩む女性

 街コンや婚活イベントなどでは、フリードリンク制になっていることも多く、参加者は飲み放題のメニューの中から自由に好きなものを選ぶことができます。せっかく飲むなら自分の好きなものを飲みたいところですが、飲み物を選ぶ時に男性参加者の目を気にしたことはありませんか?

 街コンや婚活イベントは出会いの場ですから、少しでも男性参加者から好感を持ってもらいたいですよね。男性参加者からの好感度を意識することは出会いを手に入れるために必要ですが、選んだ飲み物の種類で好感度が左右されるということは、実はあまりないのです。

 お酒の中でも、ビールはのどごしを楽しめるお酒なので、最初の一杯としてビールを注文される方は男女共に多いでしょう。しかし、ビールは男性的なイメージやお酒をよく飲む人としてのイメージがつきやすいように解釈されがちです。そのため、女性には「婚活の場ではビールはNGでしょ」と思い込まれている方が多い傾向にあります。

 確かに、ビールを飲んだ後の言動がおじさんのようだったり、ビールを勢いよく何杯も飲んでいれば、男性から敬遠されやすくなってしまいます。けれども、ビールを飲むからといって男性からの好感度が下がるわけではないのです。逆に、男性にとってビールは身近なお酒ですから、おしゃれなカクテルやワインを飲んでいる女性よりもビールを飲んでいる女性の方が親しみを感じやすいのです。

 また、ビールは大衆的なイメージのあるお酒なので、ビールを好んでいる女性は男性にとってデートに誘いやすくなります。そのため、ビールを飲むことで二次会や次のデートに繋げるチャンスを得られる可能性も生まれると言えます。


2.飲んでいるアルコールの種類で連想されやすいイメージとは

乾杯をする人々

 女性の中には、「ビールを飲んでいたら男性からの好感度がダウンするかも……」というイメージを持たれる方がいらっしゃいますが、実際にはビールを飲むことで好感度が左右されることは少ないものです。しかし、ビールに限らず、飲んでいるお酒の種類によって持たれやすくなるイメージというものはあります。

 まず、カクテルです。カクテルは複数の飲み物を混ぜたものですから、種類によって見た目も味も大きく異なります。例えば、ジントニックやソルティードッグなどは、居酒屋ではチューハイやサワーと同じようにジョッキで提供されることも多く、飲み物の色もチューハイやサワーと似ているので、特にイメージを持たれることは少ないです。

 カクテルの場合、目立ちやすいのは色のついたカクテルです。例えば、カシスオレンジやカシスソーダはベースがカシスという赤い色をしたリキュールなので、カクテルを飲んでいるということが一目でわかりやすくなります。カシス系のカクテルは酸味や甘みのある味で飲みやすいと言えます。そのため、カシス系のカクテルだと、あまりお酒を飲むことが得意ではないイメージを持たれやすくなります。

 次にワインです。ワインはブドウの品種や熟成の度合いで味や香りが変化するという点があるため、お酒に詳しい人が飲むイメージを持たれやすいです。また、スパークリングワインはシャンパングラスに注がれることが多く、見た目もシャンパンと似ているため、高級なイメージに繋がりやすいです。そのため、ワインはワイン好きな人からは親近感を持ってもらいやすいですが、そうではない人からは近寄りがたいイメージを持たれることもあると言えます。


3.婚活パーティーなら「飲む」というより「たしなむ」ように飲もう

グラスを片手に会話をする男女

 街コンや婚活イベントでは、ドリンクが飲み放題になっていることが殆どです。参加費には参加当日の飲食代も含まれていますから、お酒も飲んだ方がお得なように感じられますよね。しかし、婚活の出会いの場では、お酒の飲み方が好感度に影響することが多いので注意が必要です。

 まず、お酒を何杯も飲んでいると、お酒に強いイメージを持たれやすくなります。お酒が好きな人からは親近感を持ってもらえるのですが、あまりお酒に強くない男性からは敬遠されやすくなります。お酒の強さは個人差がありますから、もしもデートで一緒にお酒を飲みに行くとなった時、飲める分量が自分と違い過ぎるとデートを楽しめないように感じるため、お酒に弱い男性からは好感度を持たれにくくなるのです。

 次に、普段の生活でのお酒の飲み方をイメージし、好感度が下がるケースがあります。出会ったばかりなら相手が普段どのような生活をしているのか、どのようなお酒の飲み方をしているのかはわかりません。けれども、わからないからこそ、その場で何杯もお酒を飲んでいる姿を見ると、普段からお酒を多く飲む人に思われてしまいやすいのです。お酒を多く飲むというイメージは、酔っぱらった姿や乱雑さなどのイメージとも結びつきやすいので、好感度が下がりやすくなってしまうのです。

 このように、お酒を勢いよく飲んでいると、マイナスなイメージを持たれてしまうケースも起こります。飲み放題は魅力的かもしれませんが、好感度を意識するならば、お酒を飲むというよりもお酒をたしなむように飲むようにした方がいいでしょう。そして、お酒に強い人ならば、普段よりも控えめに飲むイメージで飲むようにするといいでしょう。


4.お酒に関する質問をされた時には、どう答えるべき?

悩む女性

 街コンや合コン形式の婚活イベントなど、お酒を楽しみながら交流をするシーンでは、男性参加者からお酒に関する質問をされることもあります。飲み会の席ならばお酒に関する質問の答え方に注意することは少ないかもしれません。けれども、婚活イベントなどの出会いの場では答え方によって好感度が左右されるケースもありますから、注意した方がいいでしょう。

 お酒を飲む場で登場しやすい質問として「お酒、好き?」という質問が挙げられます。お酒好きな人ならば、お酒好きな相手の方が気を楽にして飲めますし、付き合ったとしても一緒にお酒を楽しめるので、相手がお酒を好きかどうか知っておきたいところです。しかし、この質問をする男性がお酒好きな人とは限りません。お酒に強くなくても、その場の雰囲気で何となく質問をしているだけという場合もあります。

 そのため、お酒が好きかどうかを聞かれた時には、お酒好きアピールになるような答え方は避けた方がベターです。例えば、「お酒を楽しく飲む時の雰囲気が好きなんですよね」など、お酒そのものの好き嫌いについては明確な答えを出さないようにするといいでしょう。そうすれば、お酒好きな人というイメージを持たれず、楽しくお酒を飲むことが好きな人というイメージになりますから、お酒好きな人からもお酒が得意ではない人からも好印象を得やすくなります。

 また、お酒を飲む婚活の場では「お酒、よく飲む?」「お酒、強い?」など、普段のお酒の飲み方を尋ねるような質問もされることが多くなります。こうした質問でも、相手がお酒好きな人ではない可能性を考え、本来よりも控えめに答えたり、明確な答えを出さないように答えるといいでしょう。


5.自分がおかわりをする時には周囲の人にも声をかけよう

お酒を楽しむ人々

 街コンや婚活イベントに参加した時、女性の気配りをこっそりチェックしている男性は多いものです。飲食をするシーンでの気配りは、日常の中での気配りや思いやりのイメージにも結び付きやすいので、アルコールが提供される婚活イベントなどに参加している時も、好感度をアップさせるためにも気配りは大切です。

 居酒屋などが会場になっている場合は、飲み物をタッチパネルから注文する形になっていることがあります。タッチパネルが自分の席の近くにあると、自分がおかわりをしようと思った時でもすぐに注文をすることができます。しかし、この時に「沢山お酒を飲んでいるように思われたら嫌だな……」とこっそり注文したい気持ちもあるかもしれませんが、自分がおかわりをする時には周囲の人にも声をかけましょう。

 一人でこっそりおかわりを注文していると、自分のことしか考えていない人のように思われてしまうかもしれません。けれども、「私、おかわりを注文しようと思うんだけど、皆さんは飲み物は大丈夫ですか?」と一声かけ、必要に応じて他の人の分も一緒に注文をすることで気配りのできる人というイメージを持たれやすくなります。

 また、この時に大切なのは、男性参加者だけでなく、女性参加者にも声をかけることです。男性参加者だけに声をかけていると、好感度を狙っていることが丸わかりになってしまうため、逆効果になってしまいます。

 そして、居酒屋のようなお店ではなく、自分で飲み物を取りに行くような婚活パーティーならば、相手のグラスを気にかけて、「飲み物を取りに行こうかと思うんですが、一緒に持ってきましょうか?」と気配りをするといいでしょう。


6.飲み物のおかわりを聞く時に注意したい言葉選び

グラスを片手に笑い合う男女

 前項では、自分の分だけではなく周囲の人にも声をかけることがポイントとお話しました。平等に周囲の人に気配りをすることは、とても大切なことです。けれども、アルコールが提供されているシーンで他の人のおかわりにも気を配る時には、言葉選びに注意が必要です。

 街コンや婚活イベントに参加している全ての人がお酒を飲みたいと思っているとは限りません。また、一杯目にはお酒を飲んでいても、お酒に強くない人の場合、飲み過ぎないように二杯目以降にはお酒を控える人もいます。

 周囲の人に「次のお酒、何飲みますか?」と尋ねてしまうと、提示される選択肢はお酒だけになってしまいます。そのため、気の弱い人や気を遣いやすい人だと、お酒以外を注文したくても自分の本当の思いを言いにくくなってしまいます。したがって、この場合は「おかわり、何か注文しますか?」「飲み物は大丈夫ですか?」など、お酒という単語を含まないようにして周囲の人に声をかけるようにしましょう。立食形式の婚活パーティーでも、アルコール類以外にソフトドリンクを用意していますから、同じようにお酒を勧めるような言葉にならないように注意しながら声をかけるといいでしょう。

 言葉選びと同時に、もう一つ、注意点があります。タッチパネルではなく、必要に応じて店員さんに注文をするようなお店が会場だった場合、周囲の人におかわりについて聞く時には飲み放題のメニューを相手に見せながら声をかけることが多いでしょう。この時、お酒のページを開いて渡すと、選択肢がお酒だけになってしまいます。こうした場合には、「こっちのページにはソフトドリンクも載っていますよ」など一言添えるとベストです。


7.空いたグラスに気付いたら片付けよう

ウエイターとテーブル

 飲食をするシーンでの気配りは、おかわりの声をかけること以外でも発揮することができます。それは、空いたグラスの片付けです。飲み会の席で、気付いたらテーブルの上にある空いたグラスを邪魔に感じたことはありませんか?お酒を飲むシーンだと、つい手元が狂って空いたグラスを倒してしまう危険もあります。そのため、空いたグラスを片付けるのは、こまやかな心遣いだと言えます。

 空いたお皿や空いたグラスを片付けるのは店員さんの役目ですが、何人もの人が座っているテーブルの上にある空いたグラスを一つずつ下げるのは、お客さんの邪魔にならないように注意をしつつ、中身の入っているグラスにぶつけたりしないように気を付けなければいけないので店員さんにとっても大変なことです。また、店員さんが空いたグラスに気付けないこともあります。

 そんな時、テーブルの端の方に空いたグラスが寄せてあったらどうでしょうか。店員さんもグラスに気付きやすく、そして下げやすくなります。ですから、もしも端の方の席に座ったなら、空いたグラスに気付いた時には「下げても大丈夫ですか?」と周囲の人に声をかけてからグラスを端の方に集めるようにして片付けておきましょう。そうすることで、テーブルの上もすっきりとしますし、店員さんに片付けてもらいやすくなります。

 また、端の方に座っていなくても、空いたグラスを片付けるという気配りをすることはできます。それは、店員さんがテーブルに来た時です。店員さんが注文を受けに来たり、注文していたものを運んできたりしたら、「下げてもらってもいいですか?」と店員さんに声をかけて、自分の近くの空いているグラスを店員さんに渡しましょう。


8.楽しくても、自分の体調と相談して飲もう

お酒を楽しむ男女

 街コンや婚活イベントに参加し、最初は緊張していてもお酒を飲みながら交流をしているうちに緊張も解れると、その時間を楽しめるようになります。交流を楽しみながら、素敵な出会いを見付けられたら嬉しいものですよね。

 適度なアルコールはリラックスさせる効果や話しかける勇気を出すための後押しをしてくれる効果があります。また、お酒を話題にして盛り上がることだってできます。そのため、街コンや婚活イベントを楽しんでいると、ついお酒も進みやすくなります。しかし、楽しいからといって何も考えずにお酒を飲むのはNGです。

 街コンや婚活イベントの時間を楽しむのも、素敵な出会いをゲットするのも、体調がよくなければできません。途中までは楽しく過ごせていても、楽しさのあまりに飲み過ぎてしまえば、気持ちが悪くなってしまい、せっかくのイベントも「早く終わらないかな……」と感じてしまうかもしれません。また、体調が悪くなると、他の人に体調が悪くなっていることに気付かれないように振る舞っていたとしても、言葉が少なくなったり、表情や顔色の変化が現れるので、他の参加者に心配をかけてしまうことになります。

 飲み過ぎて体調が悪くなると自分自身も辛いですし、他の参加者も楽しみにくくなってしまいます。ですから、お酒を飲む婚活の場では、どれだけ楽しくても必ず自分の体調と相談しながらお酒を飲むようにしましょう。もし、お酒に強くないようであれば、最初の一杯目からソフトドリンクにしたって構いません。お酒が提供される婚活シーンであっても、何を飲むかは自由なのですから、体調が悪くなるよりも、万全の体調で最後まで楽しく過ごせるようにした方がベターなのです。


9.お冷を頼むのは恥ずかしくない!大人のマナーであり気配りでもある

テーブルに並ぶグラス

 街コンや婚活イベントでお酒を飲みながら楽しく交流している最中だと、「お冷を頼んだら雰囲気が悪くなるかな……?」と不安になり、お冷を頼みにくく感じることもありますよね。

 アルコールは自分の体に合わせた分量やペースで飲んでいれば、体調を崩さずに楽しい時間を過ごせます。しかし、飲み方によっては体調不良の原因になります。そのため、お冷を飲むのは、自分の体調を崩さないために大切なことだと言えます。ですから、お冷を頼むことは恥ずかしいことではありません。お酒を飲みながら交流を楽しんでいる最中にお冷を頼むことよりも、ペースを乱してお酒を飲んで体調を崩してしまう方が大変なことですし、その場の雰囲気にもマイナスな影響を与えてしまいます。

 お冷は、お酒を飲んだ体を労わるために大切なものです。したがって、お冷を頼んで体調を崩さないように注意しながら、お酒の席を楽しむのは大人のマナーと言えます。それでも、周囲の参加者がみんなお酒を飲んでいる中で一人だけお冷を頼むのは勇気がいりますよね。そこで、おすすめしたいのが、お冷を頼む時にも周囲の参加者に声をかけることです。声をかけてみると、実はお冷を頼みたくてもなかなか言い出せずにいる人があなた以外にもいることだってあります。そうした人にとって、「お冷を頼もうと思うんですが、必要な人はいますか?」と声をかけてもらえるとありがたいものなのです。

 また、街コンや婚活イベントの終盤になると、お酒を飲み過ぎてしまっている人も多くなります。体調を崩さずに帰宅するために、お冷を飲むことは大切ですから、終盤になったら同じテーブルの参加者の人数分のお冷を頼んでおくといいでしょう。


10.泥酔は好感度ダウンだけでなく、周囲への迷惑にもなる

助けを求める女性

 適度なお酒は気分をリラックスさせてくれるので、緊張しやすくてもお酒を飲んでいるうちに街コンや婚活イベントを楽しめるようになるでしょう。アルコール類の提供のある婚活イベントや婚活パーティーでアルコールを楽しむのは分量を守って楽しむのならばいいのですが、絶対にやってはいけないことがあります。それは、泥酔です。

 お酒を飲み過ぎて体調が悪くなってしまっても、イベントの時間を楽しめなくなってしまいますが、失言や失態をしてしまうと、理想の相手と出会えていても一気に好感度が下がってしまいます。

 例えば、お酒を飲むと自虐ばかり口にする人がいます。自虐は時として笑いとなり、その場の空気を和ませるものですが、ずっと自虐ばかりしている人がいたらどうでしょうか。最初のうちは、「そんなことないですよ」とフォローしてくれる人もいるかもしれません。しかし、自虐がずっと続いているとフォローする気も失せてしまいますし、近くにいる人々は面倒に感じるようになってしまいます。これは、泥酔をして泣き始めたり、怒り始めたりする人にも同じことが言えます。

 また、酔った勢いで他の人にお酒を勧めるのも嫌われる行動の一つです。人にはそれぞれにお酒への耐性や飲むペースがありますから、無理にお酒を勧められると相手は困ってしまいますし、相手が断ることのできない性格の人ならば、お酒を勧めて飲ませてしまうことによって、相手の体調を崩させてしまう危険もあります。

 このように、泥酔をすると好感度ダウンを招いたり、周囲に迷惑をかけてしまいます。自分自身の体調を守るためにも、他の参加者の迷惑にならないためにも、泥酔をしないように注意をすることが大切です。


◆お酒に飲まれずに楽しめるのが大人の女性

ピースサインをする女性

 いかがでしたでしょうか。街コン、婚活イベント、婚活パーティーには、アルコール類が提供されるものもあります。適度なアルコールはリラックス効果をもたらしてくれたり、気になる相手に話しかける勇気を出すための後押しをしてくれます。しかし、アルコールを飲む時には注意したいポイントもあります。

 お酒を楽しむように飲むことはいいことなのですが、お酒を沢山飲むイメージは男性から敬遠されやすいので、お酒を飲むペースやお酒に関する質問への答えには注意をしましょう。また、お酒を頼む時には、飲んでいるお酒の種類によって持たれやすいイメージが異なることを知っておくといいでしょう。

 そして、街コンや婚活イベントなどでお酒を飲む時には、飲み過ぎないようにすることが一番大切です。飲み過ぎてしまうと、自分が体調不良で苦しい思いをするだけでなく、他の参加者にも迷惑をかけてしまう危険があります。また、飲み過ぎると周囲が見えなくなってしまいやすいので、気配りをすることも難しくなってしまいます。

 アルコールを飲む婚活の場では、お酒の席特有の気配りをして好感度を手に入れることもできます。また、お酒を共通の話題として男性参加者との会話が盛り上がることもあるでしょう。お酒を飲みながら素敵な出会いを手に入れるためには、お酒に飲まれることなく、お酒と上手に付き合いながら楽しめる女性であることが大切なのです。






同じカテゴリーの最新の記事





世界最大手で海外の外国人利用者も多いマッチングアプリ!
6ヶ月コースを購入した方対象で、まじめな活動をしていたのにお相手が見つからなかった場合はプラス6ヶ月無料で活動できる保証(恋が始まる保証)が付いてきます!

会員数 日本187万人
入会金・月会費 無料
有料会員 1ヶ月:3,980円
支払い クレジットカード決済
Facebook登録 なし
女性完全無料
※料金は税込です。

マッチドットコムの詳しい料金・体験談はこちら

無料でスタートできる婚活!


Facebook omiai

Omiaiは1日平均5000組以上の男女がマッチングしている日本最大級のマッチングサービス!
Facebookアカウントが必要ですが友人にもばれず、24時間365日監視体制を整えているので安心して利用することができます。

 
会員数 210万人
入会金・月会費 無料
有料会員 1ヶ月:3,980円~ ※支払い方法によって金額が異なる
支払い クレジットカード決済/電子マネー決済/コンビニ決済/AppleID決済/GooglePlay決済
Facebook登録 必須
女性完全無料
  ※料金は税込です。          

Omiaiの詳しい料金・体験談はこちら

無料でスタートできる恋活!


      

リクルートの婚活サイト。何といってもゼクシィの知名度が強み!
お互い会ってみたいと感じたらデートの日時や場所を調整してくれる「お見合いコンシェルジュ」という安心のサービスもあります! ほかの婚活サイトは敬遠してもゼクシィだから登録してみたという会員も多いです。

        
会員数 非公開
入会金・月会費 無料
有料会員 1ヶ月:4,298円
支払い クレジットカード決済
Facebook登録 なし
女性完全無料
※料金は税込です。

ゼクシィ縁結びの詳しい料金・口コミはこちら

無料でスタートできる婚活!

ゼクシィ縁結び公式サイト

こちらもおすすめ!新着恋活サービス

ゼクシィ恋結び
(Facebook必須)婚活よりもライトな感覚で恋人を探したい方へ。Facebookを利用したゼクシィの恋活サービス。近くにいる同じ学校や出身地などつながりのある人を紹介。女性は有料プランでも本人確認手数料120円だけ。


        

ユーブライドは、年間2,464人が成婚!
30代を中心とした様々な職種の会員が登録中の大手婚活サイトです。リーズナブルな料金体系で利用者の満足度も高くなっています。

会員数 135万人
入会金・月会費 無料
有料会員 3ヶ月:2,970円
支払い クレジットカード/コンビニダイレクト/銀行振込/ビットキャッシュ/ペイジー/c-check/webmoney/モバイルエディ/ペイパル/セキュリティマネー
Facebook登録 あり
女性完全無料
※料金は税込です。

ユーブライドを使ってみた!体験談はこちら

無料でスタートできる婚活!


恋愛・結婚情報サービス エンジェルのサービスと料金プランはこちら

※料金は税別です。
入会金 15,000円 月額 運営管理費2,000

エンジェルは検索タイプの婚活サイトと結婚相談所の中間になるサービス。自己PRやメール文の添削、交際アドバイスから結婚後3年間のバックアップなど会員へのフォローがしっかりしている。結婚相談所よりはかなりリーズナブル。単なる出会いではなくて結婚を希望する方、婚活方法を相談したい方にオススメ。

エンジェル独自の性格分析(AIPC分析)、マッチング技術は非常に評価が高く、2,000社中、第1位を獲得しています。「どんな人は不安・・・」、「価値観が合わないかも・・・」という心配はありません。付き合うまでだけでなく、付き合った後もサポート。エンジェル会員の結婚までの交際期間の平均が5.3ヶ月。一般平均が45ヶ月なので、スムーズなお付き合いからゴールインされる方が多いことがわかります。

日経・朝日でも紹介。20万人が受けた性格分析を無料体験


ツヴァイのサービス・口コミはこちら


[パーソナルサポートプラン/じっくり婚活!]
初期費用 145,000円+税 月会費 9,500円~13,800円+税
[パーソナルサポートプラン アクティブ/積極的な方におすすめ!]
初期費用 105,000円+税 月会費 9,500円~13,800円+税
●20代割!初期費用が最大65%OFF!
初期費用/パーソナルサポートプラン 50,000円+税
※料金は税別です。