婚活サイトのランキングはこちら

嘘はよくないイメージのあるものですが、言いたくないことを言わずにすませたい時など嘘をつきたくなることもありますよね。婚活パーティーは真面目な出会いの場ですが、嘘をついてもいいのでしょうか。それとも、嘘はNGなのでしょうか。今回は、婚活パーティーの会話の中でついてもいい嘘・悪い嘘についてお話します。


◆絶対についてはいけない嘘は婚活パーティーへの申し込み時の嘘

手で止める女性

 日常生活の会話の中でも、本当のことを言いたくない時などには嘘をつきたくなることもありますよね。婚活パーティーでも、もしかしたら嘘をつきたいと感じる瞬間があるかもしれません。婚活パーティーは真面目な出会いの場ですから嘘をつくことはよくないイメージがあります。しかし、男性参加者との会話の中でついたとしても許される嘘というものもあります。

 ただ、婚活パーティーを主催している会社には嘘をついてはいけません。婚活パーティーを主催する会社は、安全な出会いの場を提供するために参加者の身元の確認をしたり、パーティー内で使うためのプロフィールカードを作成します。そこに嘘の情報が混ざっていると、主催をしている会社の信用問題に影響してしまいます。そのため、主催をしている会社に申し込む時などに嘘をつくことは許されません。それでは、もしも嘘をついたとすると、どうなるのでしょうか。

 個人情報で嘘をついたとしても、婚活パーティーの入場時に行われる身分証の確認によって嘘は見抜かれてしまいます。偽の身分証を使えば偽証罪になりますから、婚活以前の問題になります。また、一部の婚活パーティーでは男性参加者のみ年収が参加条件になることがありますが、この場合も年収を証明する書類が必要になるため、嘘をつき通すことはできません。

 そして、もしも嘘をついて参加した場合は、悪質な参加者として今後の婚活パーティーへの参加を拒否されることもありますから、婚活パーティーを主催している会社に嘘をつくことは自分にとってもマイナスなことしか引き寄せないと言えます。


◆許される嘘①:これまで付き合った恋人の数

笑い合うカップル

 友達との日常での会話でも、これまでに付き合った恋人について話題に上がることは多いものです。皆さんも、過去の恋愛遍歴が話題になった時、「あまり答えたくないな……」と感じたことがあるのではないでしょうか。

 同性の友達との会話の中でも自分の過去の恋愛について語ることに抵抗を感じるのに、結婚を考えられるような相手を探す場である婚活パーティーで男性参加者に語ることは余計に抵抗を感じるでしょう。過去に付き合ったことのある人数を聞かれると困ってしまうのは男性も女性も同じなので、気になったとしてもあえて聞かないようにされる方も多いのですが、中には婚活パーティーでも過去の恋愛について質問をされる男性もいらっしゃいます。

 この質問に関しては、嘘をついたとしても許されます。まず、嘘の人数を答えたとしても、それが真実かどうかを確かめる術はないので、男性参加者に嘘だと知られることはありません。そして、過去に沢山の人と付き合っていたとしても、大切なのは今や未来です。これまでに多くの恋人がいたとしても、その恋愛経験から得た知識などが、あなた自身の人間の厚みを作ったりすることだってあるのです。そのため、過去の恋愛経験を恥じる必要はありません。

しかし、男性の中には恋愛経験の多い女性は浮気性だと感じる方、自分自身の恋愛経験と対比して引け目を感じる方もいらっしゃいますから、過去の恋人の人数を実際よりも少ない数で申告した方が婚活パーティーでは無難に過ごせるでしょう。過去の恋人の数を少なく申告するのも嘘ではありますが、誰も傷付けることのない嘘なので問題はありません。


◆許される嘘②:彼氏いない歴

疲れた女性

 これまでに付き合った恋人の数と同じくらい、質問された時に答えたくないと感じるものとして彼氏いない歴が挙げられます。長期間、恋人がいないと寂しい人に思われるかもしれないと不安に感じたり、別れたばかりだと失恋の痛みを癒そうと婚活をしているように思われたりしたらどうしようと考えてしまったりと、恋人がいない期間が長くても短くても答えにくいものですよね。婚活パーティーで男性参加者から過去に付き合った恋人の数を聞かれた時、嘘をついてもいいものなのでしょうか。

 彼氏いない歴は、実は深い意味を考えずに質問されることが多い質問です。また、彼氏いない歴が相手に対して何かしらの影響を与えることも少ないので、嘘を答えても問題はありません。また、恋人がいない期間を偽って答えたとしても、真実を知っているのはあなた自身だけであり、相手に知られることはありませんから問題はないでしょう。

 恋愛のハウツーなどでは、恋人がいない期間が長すぎても短すぎても印象がよくないため、一年程度としておくことがベターと言われることが多いです。しかし、人によって価値観が異なりますから、どれくらいの期間、恋人がいないのかということで相手から受ける印象が変化する場合もあります。したがって、確実に相手に好印象を与えられる模範解答となるような数字はないと言えるでしょう。

 もしも、嘘であっても具体的な数字を挙げて答えることに不安を感じるならば、「しばらく恋とは無縁だったので……」など、実際に恋人がいなかった期間を予想しにくいような抽象的な言葉で答えるといいでしょう。


◆許される嘘③:婚活歴

結婚する夫婦

 婚活を始めたばかりと言われると、初々しさを感じますが、婚活歴が長くなると「この人は何か問題があるから長期間婚活をしているのかな……?」「この人は理想が高いのかな……?」と思われてしまう可能性があります。

 婚活パーティーに何度も参加していても、高望みをしていなくてもなかなか合う人と出会えないことだってありますし、長期間にわたって婚活をしていてもお互いのフィーリングが合わなければ成功させられないことだってあります。それでも、婚活歴の長さは、マイナスな印象に繋がりやすく、男性参加者から敬遠されやすくなります。

 もしも婚活パーティーの会話の中で婚活歴について質問されても、正しく答えるだけがチャンスを引き寄せるわけではありません。ですから、婚活歴を偽って答えることもテクニックの一つであり、あなたが婚活歴を誤魔化しても誰かが傷付くわけでもないので、本当の婚活歴を答えなくても問題はありません。

 ただし、一つだけ注意したいことがあります。婚活歴が長かったり、婚活パーティーに参加した回数が多かったりすると、その場でのやり取りに慣れている雰囲気がどうしても表れてしまいます。慣れているような雰囲気で「婚活を始めたばかりです」と言っても嘘だとバレてしまいますし、相手は違和感を覚えることであなたにマイナスな印象を持ってしまいます。

 そのため、婚活歴が長い場合や婚活パーティーに慣れている場合は、初心者だと嘘をつくのではなく、本来よりも短い期間を答えたり、「2~3回参加したことはあるんですけど……」と答えたりすることで、婚活パーティーに慣れていてもおかしくないように印象付けましょう。


◆許される嘘④:家事の得手・不得手

エプロンをした女性

 婚活パーティーなどの出会いで、男性が気にするポイントとしては家事の得手・不得手が挙げられます。やはり、結婚した後をイメージすると、家庭的な女性の方が好感を集めやすくなると言えます。

 一人暮らしをしている女性ならば、料理、掃除、洗濯などの家事を自分自身でこなしていかなければいけませんから、ある程度は家事ができる方も多いでしょう。しかし、「選択と掃除は出来るけど、ご飯は普段は忙しいから外食ばかり……」という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

 どれくらい家事ができるかは全て自己申告ですから、男性参加者は女性の言葉を情報として受け取るだけなのです。ですから、料理があまり得意ではないことを隠しても問題はありません。

 ただ、過剰な嘘をつくのはNGです。例えば、料理が得意ではないのに「料理は得意で、毎日自分で食事の仕度もお弁当も作っています!」と答えてしまうと、実際にその男性と交際するようになれば、その言葉が嘘だったとすぐにバレてしまいます。したがって、「料理は上手になりたいな、と思って頑張っている最中です!」と料理のレベルを断定できなくても好感を持たれるような言葉で答えるのがベターと言えます。

 料理、掃除、洗濯などの基本的な家事が全て得意でなければ、婚活パーティーで男性から好感を得られないような気がしてしまいますよね。しかし、家事を一切やらないのは問題ですが、家政婦になるのではないのですから、苦手な家事があってもいいのです。一番大切なのは、これから家事とどう向き合っていくつもりであるかという姿勢なので、苦手な家事があることを負い目に感じず、頑張って取り組もうという姿勢を見せればいいのです。


◆悪い嘘①:趣味や休日の過ごし方

自転車に乗る女性

 身の回りの友達を観察してみると、自分と似た趣味や好みが似ている友達が多いケースもよくあります。そのような状況が生まれる背景には、趣味や好みが似ていると一緒に時間を過ごす時に感じる心地よさや満足感があります。これは、婚活にも同じことが言えます。

 結婚を前提としたお付き合いをする期間も、結婚をしてからも、お互いの趣味や好みが似ていればお互いに理解し合うことができますし、一緒に同じ趣味や時間を心地よく過ごすことができます。逆に、自分とは合わない趣味や好みに対しては、理解しようとしても難しかったり、相手から趣味を押し付けられて嫌な気分になったりする可能性もあります。

 婚活パーティーでは、趣味や休日の過ごし方が会話の中で話題として登場することが多いものですが、この時に嘘をついてしまうと、その相手と関わっていくことになった時に嘘をつき通さなければいけなくなってしまいます。

 例えば、休日にはアウトドアな趣味を楽しみたいという相手に対し、相手に合わせてアウトドアが好きだと嘘をついてしまうと、相手は親近感を抱くかもしれません。けれども、もしもその相手とお付き合いをすることになったり、結婚をすることになったりしたら、ずっと自分の本当の気持ちを隠さなくてはいけないのです。

 自分の趣味や好みはなかなか変えることができないものですから、隠し通すことは難しいものです。また、本当の気持ちを隠しながら相手と関わっていても、辛い気持ちになってしまうことだって起こるかもしれません。ですから、相手から好感を得たくても、趣味や休日の過ごし方で嘘をつくのは、自分のためにも相手のためにもマイナスだと言えます。


◆悪い嘘②:結婚のタイミングへの意識

時計と時計の針に座る人

 婚活パーティーに参加する人に対して、皆さんはどのようなイメージがありますか?婚活パーティーに参加するということは、結婚を前提とした相手を探すということですから、結婚を急いでいる参加者が多いという印象を持たれているかもしれません。しかし、実際には異なります。

 実際に婚活パーティーに参加すると、「一年以内には結婚を決めたい!」と考えている方もいらっしゃいますし、「ゆっくりとお互いを知り、絆を深めながら結婚に向かいたい」と長い目で考えている方もいらっしゃいます。こうした結婚のタイミングへの意識は、口に出さなければ相手に伝わりません。そのため、婚活パーティーでは男性参加者との会話の中で結婚のタイミングについての意識が話題となることも珍しくありません。

 あなたがどのような意識で婚活パーティーに参加していたとしても、結婚のタイミングへの意識で嘘をつくことはNGです。なぜならば、結婚は人生の中の大きなイベントであり、二人でするものですから、自分の今後の人生を左右する出来事を目の前にした時にお互いの価値観がかみ合わないと結婚という選択に踏み切ることができません。

 もしも、相手が結婚を急いでいる人であり、あなたはゆっくりと考えていきたいという場合、あなたは相手から結婚を急かされているように感じて窮屈な気分になってしまうかもしれません。逆に、相手が長い目で結婚を考えている人であり、あなたが結婚を急いでいる場合は、相手を急かしてしまい、二人の関係が上手くいかなくなってしまうかもしれません。

 結婚のタイミングの意識は、本当に結婚をするとなった時に大きく影響するものですから、正直に答えるようにしましょう。


◆悪い嘘③:子どもが欲しいかどうか

外を歩く親子

 将来的に子どもが欲しいかどうかは、とてもデリケートな問題です。特に女性の場合、妊娠の確立や出産時のリスクも考えなければいけませんから、結婚と子どもが欲しいかどうかを同じ問題として扱うことは難しいでしょう。しかし、男性の場合は、子どもを育てていくための体力や育児にかかる費用の問題もありますから、男性も結婚を考えるのと同じように、子どもについても考えます。そのため、婚活パーティーで将来的に子どもが欲しいかどうかをアピールしたり、女性に質問することもあります。

 子どもを産んで育てていくということは、一人の人間の人生に大きく関わる問題ですし、夫婦二人で取り組んでいかなければいけないことです。ですから、子どもをもうけるかどうかについてはお互いの意見が合致していないと難しいと言えます。

 ですから、もしも将来的に子どもが欲しいかどうかについて質問をされた時には、嘘はつかずに正直に答えるべきです。また、今の段階ではわからないという方は、相手に合わせた答えを返すのではなく、正直に「今はまだ子どもが欲しいかどうかはわからない」と答えるようにしましょう。


◆悪い嘘④:結婚後の仕事について

並んで歩く男女

 結婚をするということは、二人で生活をしていくということです。もしも、子どもが生まれれば、二人で子どもを含めた家庭を守っていかなければいけません。生活をするためにはお金が必要ですから、収入面のことも考えることになります。

 「結婚をしたら専業主婦になりたい」「子どもが小学校に上がるまでは子育てに専念したい」「結婚をしても、子どもが産まれても働き続けたい」など、様々な思いを持った方がいらっしゃるでしょう。考え方は自由ですから、どのような考え方を持っていても問題ありません。しかし、婚活パーティーで男性参加者から結婚後の働き方について質問された時に嘘をつくのはよくありません。

 女性が結婚後の労働について様々な考え方を持つのと同じように、男性も「いざという時のために共働きの家庭がいい」「子どもには寂しい思いをさせたくない」など、結婚後に夫婦がどのような形で働いて過ごしたいのかを考えます。

 男性から好感を得るために、専業主婦になりたくても「結婚後も働きたい」と答えたり、結婚後も働きたいと思っていても「家庭を守るために家に入りたい」と答えたりすると、男性はその答えを信じてあなたと結婚を前提に関わっていけるかどうかを判断しますから、後々に二人の間で問題になってしまう危険があるのです。

 ですから、結婚後の働き方について質問をされた時には嘘をつかず、正直に答えるべきと言えます。


◆嘘が許されるか許されない基準とは

二つの選択肢

 ここまで、婚活パーティーでついてもいい嘘と悪い嘘をご紹介してきましたが、いかがでしたでしょうか。婚活パーティーは、結婚を前提とした出会いを探す真面目なシーンですが、必ずしも全てを正直に答える必要はありません。場合によっては、ついてもいい嘘というものも存在するのです。

 婚活パーティーでついてもいい嘘か悪い嘘かという基準は、嘘をつくことで相手に迷惑をかけたり、問題を引き起こしたりしないかどうかです。例えば、婚活歴や彼氏いない歴は嘘をついても誰も困ることはありませんよね。家事についても、過剰な嘘をつかなければ大きな問題を引き起こすこともありません。

 しかし、子どもが欲しいかどうか、結婚後の働き方で嘘をついてしまうと、もしも相手と結婚した時にお互いの意見が嚙み合わず、結婚生活にも影響します。また、趣味や休日の過ごし方、結婚のタイミングで嘘をついてしまうと、相手と過ごす中で無理をしなければいけなくなったり、逆に相手に気を使わせてしまったりすることも起こり得るのです。

 このように、婚活パーティーでの嘘は、嘘をつくことで迷惑をかけたり、問題を引き起こしたりするものはNGであると言えます。また、婚活パーティーの申し込み時などに主催している会社に嘘をつくと、婚活パーティー当日に入場を断られたり、今後の婚活パーティーへの参加を認められなくなりますし、悪質な参加者として他社にも情報が共有され、他の婚活パーティーにも参加できなくなってしまう可能性もあります。したがって、主催をしている会社に嘘をつくことは許されないことと言えます。






同じカテゴリーの最新の記事





世界最大手で海外の外国人利用者も多いマッチングアプリ!
6ヶ月コースを購入した方対象で、まじめな活動をしていたのにお相手が見つからなかった場合はプラス6ヶ月無料で活動できる保証(恋が始まる保証)が付いてきます!

会員数 日本187万人
入会金・月会費 無料
有料会員 1ヶ月:3,980円
支払い クレジットカード決済
Facebook登録 なし
女性完全無料
※料金は税込です。

マッチドットコムの詳しい料金・体験談はこちら

無料でスタートできる婚活!


Facebook omiai

Omiaiは1日平均5000組以上の男女がマッチングしている日本最大級のマッチングサービス!
Facebookアカウントが必要ですが友人にもばれず、24時間365日監視体制を整えているので安心して利用することができます。

 
会員数 210万人
入会金・月会費 無料
有料会員 1ヶ月:3,980円~ ※支払い方法によって金額が異なる
支払い クレジットカード決済/電子マネー決済/コンビニ決済/AppleID決済/GooglePlay決済
Facebook登録 必須
女性完全無料
  ※料金は税込です。          

Omiaiの詳しい料金・体験談はこちら

無料でスタートできる恋活!


      

リクルートの婚活サイト。何といってもゼクシィの知名度が強み!
お互い会ってみたいと感じたらデートの日時や場所を調整してくれる「お見合いコンシェルジュ」という安心のサービスもあります! ほかの婚活サイトは敬遠してもゼクシィだから登録してみたという会員も多いです。

        
会員数 非公開
入会金・月会費 無料
有料会員 1ヶ月:4,298円
支払い クレジットカード決済
Facebook登録 なし
女性完全無料
※料金は税込です。

ゼクシィ縁結びの詳しい料金・口コミはこちら

無料でスタートできる婚活!

ゼクシィ縁結び公式サイト

こちらもおすすめ!新着恋活サービス

ゼクシィ恋結び
(Facebook必須)婚活よりもライトな感覚で恋人を探したい方へ。Facebookを利用したゼクシィの恋活サービス。近くにいる同じ学校や出身地などつながりのある人を紹介。女性は有料プランでも本人確認手数料120円だけ。


        

ユーブライドは、年間2,464人が成婚!
30代を中心とした様々な職種の会員が登録中の大手婚活サイトです。リーズナブルな料金体系で利用者の満足度も高くなっています。

会員数 135万人
入会金・月会費 無料
有料会員 3ヶ月:2,970円
支払い クレジットカード/コンビニダイレクト/銀行振込/ビットキャッシュ/ペイジー/c-check/webmoney/モバイルエディ/ペイパル/セキュリティマネー
Facebook登録 あり
女性完全無料
※料金は税込です。

ユーブライドを使ってみた!体験談はこちら

無料でスタートできる婚活!


恋愛・結婚情報サービス エンジェルのサービスと料金プランはこちら

※料金は税別です。
入会金 15,000円 月額 運営管理費2,000

エンジェルは検索タイプの婚活サイトと結婚相談所の中間になるサービス。自己PRやメール文の添削、交際アドバイスから結婚後3年間のバックアップなど会員へのフォローがしっかりしている。結婚相談所よりはかなりリーズナブル。単なる出会いではなくて結婚を希望する方、婚活方法を相談したい方にオススメ。

エンジェル独自の性格分析(AIPC分析)、マッチング技術は非常に評価が高く、2,000社中、第1位を獲得しています。「どんな人は不安・・・」、「価値観が合わないかも・・・」という心配はありません。付き合うまでだけでなく、付き合った後もサポート。エンジェル会員の結婚までの交際期間の平均が5.3ヶ月。一般平均が45ヶ月なので、スムーズなお付き合いからゴールインされる方が多いことがわかります。

日経・朝日でも紹介。20万人が受けた性格分析を無料体験


ツヴァイのサービス・口コミはこちら


[パーソナルサポートプラン/じっくり婚活!]
初期費用 145,000円+税 月会費 9,500円~13,800円+税
[パーソナルサポートプラン アクティブ/積極的な方におすすめ!]
初期費用 105,000円+税 月会費 9,500円~13,800円+税
●20代割!初期費用が最大65%OFF!
初期費用/パーソナルサポートプラン 50,000円+税
※料金は税別です。